かれこれ生活の一部

menu

これまでも、これからも大野智

嵐 ARASHI’sDiary-Voyage- 大野智さんの10年以上前からの心の葛藤と戦っていた Netflix

(以下、一部ネタバレ注意報)

Netflix 嵐「ARASHI’sDiary-Voyage-」
意を決して観ました。
わが家はありがたいことに子供がNetflixに加入してくれているので、あやかりで観ることができました。

本来は有料チャンネルなのでちょっとハードルが高いですよね。
今回1回の配信かと思っていましたら毎月配信されるようんですね。
一番安いプランで月800円からです。
とりあえず一ヶ月試してみて(視聴してみて)『もういいわ』と思ったら解約も一つだと思います。

以下は私の感想です。
完全なる大野智ファン目線の一点絞りになります。

スポンサーリンク


10数年の自分だけの秘密?

今も書きましたが
この感想は完全なる智ファン目線であって
しかもたった一言だけを拾って書いて行く感想です。

他4人の発した内容は全く出てきません。
それだけ、この言葉の重みを感じたからです。

会見では3年くらい前かなって言ってけど
もう10何年前からだから
これはまぁね載せられるかは知らないけど

10何年前から思っていたこと
今が20年
10周年よりも前
そんな時からずっと気持ちと戦ってきたってことですね

以前、15周年の時に辞めようと思っていたと言っていた。

この時はニノに気持ちをどれだけの本気度は分からないけれど話せていたんだよね。
でもそれ以降はずっとずっと自分だけで心の中で葛藤していたんだね。

それって
それだけ本気度が増したと言うことなのかもしれない。
勝手に自分に照らし合わせているだけだけれど、やはり本気になればなるほど人には相談しない。
そのニノに相談した時もその時なりの本気はあったと思う。
でも、それからグループでの社会的存在が心が追いついていかないくらい加速して大きくなってしまった。
より話せなくなってしまったんだね。

たった一人で抱え込んでいたのかな。
もちろん、その中でも
気持ちの浮き沈み
考え方の変換
本当の心とは違った考え(言い聞かせ)
色々自分を偽ったかもしれない
心に偽り?マインドコントロール?をかけないと10年以上も続けて来れなかったかもしれない。

自分に置き換えた時
20代から30代の人生で一番色んな経験をするであろう時間を
悩む時間にしていた、10年以上も。
10年以上もその仕事を悩みながらその仕事をし続ける

考えられないです
本当に身体を壊さないでいてくれて良かった
若いから大丈夫じゃない
大きなストレスは簡単に身体を心を壊します。

大切な4人がいるからこそ
4人の笑顔があるからこそ

この10年以上の年月は苦しかったよね。

俺っていったい何?
って考えた10代

本当に20年頑張ってくれてたんだね
って思う

何でも言いたい事を言うのが良いとは決して思わない
けれど・・・
けれど、もう少し自分の気持ちを話してもいいんだよ
背負い過ぎだよ

もしかしたら
もしかして、もっともっと早い時期に
メンバーに気持ちがライトな状態で話していれば
何か早い時期に何かが変わって
1年後を迎えることはなかったのかな・・・。

って
タラレバなコトを言ってしまいます。
智くんは周りの事を考えすぎて、気を使い過ぎなんだね
優しすぎるよ

やっと自分を大切にできたね
一つの事を終わらせる決断を口に出すことに
10年かかったんだね

でもこれで
智くんがいよいよ本当の笑顔になれる時がくるんだなって思いました。
時を変えるのに10年以上もかかってしまったけれど
智くんのお顔を見ていると
これで良かった、結果オーライなんだ
って感じます。

スポンサーリンク



内容の感想

#1の内容に関しては
やはり編集がはいるから
私は話半分で観るようにします

智くんも言っていた
これは載せれるか知らない
の意味

載せられないってこともある
ってコト

載せられない事も話して
スタッフさんが編集でNGはカットしていると言うこと
1カット長回しで撮影している訳では無い
ライブのように生発信でもない
良くも悪くも編集されている

メンバーそれぞれが出ている時間も大きく違っています

なので
より話半分で聞いていよう
と思いました。

もちろん
智くんだって、言葉を選んでいると思う
あ、選んでないかな?
だから『載せれるか知らないけど』って言ったのかな
『ダメならカットするっしょ!』
ってギリギリまで話してくれていたかもね
でもカットされていたら分からないね

だから
より私たち視聴者は少しの言葉で想像を膨らませてしまうんだよね
でも、結局たっくさんの編集跡を感じた映像でした。

これから1年、毎月配信されて行きます
これから内容も変わっていくかもしれないし、そう願うかな。私は。

そんな感想をもった
「ARASHI’sDiary-Voyage-」#1でした。

関連記事

カレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031