Just another WordPress site

menu

アラフィフからの丁寧で潤いのある生活

嵐5X20メンバーやスタッフの想いが休止の時へを強くするのね

*こちらの記事は前のブログより一緒に引っ越して来た過去記事です*

・・・ も順調に走り出し、次の会場東京も初日も終わり本日二日目です。

今回は初日の全員の挨拶もFCより発信されましたね。
きっとオーラスの挨拶も発信されることでしょう。

グッズも第二弾が発売されました。
あのクリアファイル5人のジビュアルに驚愕。
ARとか随所に想いがこもっています。

ミニトート
本当は非売品だったものを商品化してくれました。
ミニうちわはバラバラになっている5人のうちわをつなげると一つの写真が出来上がります。
5人、肩くんでとびきりの笑顔です。

5X20+アプリ
スタッフブログ内容も充実しています。
たった一枚の写真でも5人を感じることができる写真ばかり。

ライブ中の映像
も、このライブの制作段階のメイキングから北海道の初日、活動休止会見の会見映像、そして初日の名古屋の風景。
こうやってその映像もラスト東京ドームのオーラスまでずっとずっと大切な一日ずつを積み上げていくのでしょう。(絶対映像をDVDに入れて!)

チケットホルダー
の写真。
毎回、その日にしかない写真です。
その日に入った人達と嵐の想い出作り。
その写真の撮影動画まで乗せてくれています。
名古屋二日目の挨拶で翔さんが『これからもまだ見ぬ世界を見せていきたい』と言ってくれた。

5人の想い、スタッフさんからの想い。
私たちファンヘ今出来る、思いつく最大限の事をこぼすことなく、忘れることなくぶつけてくれてる。

本当にありがたくて感謝しかありません。
胸がギューツとなる。

と、同時にこれは終わりがあるってことなのだと改めて感じるのです。
もちろん、そんなの分かってるし嵐の5人も何度も
『これからの時間(残された時間)』
のことはオブラードに包むことなく話してる。

ファンがどうしようもなく悲しんで必死に心の整理をしようとしてるのを全身で理解してくれている。

そんな言葉を投げかけてくれる。
なので、時間は終わりに向かっているのは分かっているのだけれど・・・分かってないのかな。
まだ、どこかで夢であって欲しいと思ってるのかもしれない。
わりと現実として受け止めているつもりなのに...

5人やスタッフさんが優しくしてくれればくれるほど、思いが伝われば伝わるほど嬉しい私とツライ私が存在していて、苦しい。

どれだけもがいても終わりが来るのは決まっているコト。
だから同じ過ごすなら楽しく悔いのないようにしよう!
と思っているけれど、新しい優しさを感じた時、その優しさに免疫が出来るまでの時間はいつも葛藤。

これはこの先も続くのだろうな。。
いつまでもメソメソしていてはいけないし前にも進んでいるけれど、同時にどれだけ自分は嵐を、智くんを好きでいるのかを実感するのでした。

関連記事

カレンダー

2019年11月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930