山下智久コンサートUNLEASHED☆自分からの解放

山Pのコンサートヘ行ってきました

二年ぶりのコンサートで山Pもファンの方々(以下sweetie)も
今までずっと待っていた想い
を一気に解放した最高に幸せな空間を見ることができました

ツアータイトルのUNLEASHEDとは和訳すると『解き放たれた』と言う意味があるそうです

自分自身がずっと囚われている気がしていて
それは何か?
と考えた時
実はそれは自分だった
と気が付いたそうです

自分自身を縛り付けるものが分かって、その呪縛から心が解放された時、本当に人は心が豊かになりますよね

私は山Pももちろん好きですが、やはり嵐ファンなので一歩冷静に見ているところがあったんですね

なので、そんな山Pの解放された姿をずっと考えながら目で追っていた気がします

[quads id=1]

山下さんはご存じの方も多いと思いますが
元々はNEWSと言うグループ(2004デビュー)のメンバーでした

しかし2011年に現在関ジャニ∞の錦戸亮さんと一緒に脱退し、山下さんはソロ活動の道を選びました(錦戸さんは関ジャニのみに所属の道を選びました)

そこから山下さんの新たな人生が始まったのですが、その時に一つの囚われが外れたのかな?

ソロで活動の道を選んだと言うことはグループ活動への何かしらの思いがあるから外れると言うことです
きっと勇気がいっただろうな

それからレーベルを移籍して、きっと棘の道を進んだのでしょうね

でも自分に正直に自分自身を縛っているものを、一つづつ解放して進んできたのですね

ステージに上がっている山Pは本当に穏やかな良いお顔で幸せそうでした

アイドルの時代とはコンサートの雰囲気も、歌う歌の雰囲気も全然違う
でも、それが本当はやりたかったこと

そして、きっと会場にいるsweetieさんたちは
アイドルの山下智久が好き
などの縛りは全くない
山下智久が好き
と言う人が大半だったと思います

なので山Pは見せてくれるもの全てに幸せを感じたでしょうねぇ
すごく素敵な光景でした

[quads id=1]

はたして自分は?

世の中気づけば
『囚われているもの』
がある人の方が多いと思う

特に真面目な国民性の日本人は・・・

私もあります
山Pが言うように
最終的に自分を縛っているのは自分自身の考え方
だったりします

それに気づいていても解き放たれないのは
気づいていても飛び出していない
からなんですよね

『それは分かってる、でも今は仕方ないよ』

と自分を擁護してしまうのも、自分です
そんなジレンマを山Pは全てUNLEASHEDしてあんな素敵な笑顔になってるんだなぁ

うう、分かっているのに動けない(動かない)私

でも自分から解放されると
あんなに良い顔になるのか
あんな良いオーラになるのか
つくづく感じさせてもらえました

それは私自身にすごく良い影響を与えてくれたと思います

結局、今の私が私を縛っているものは子供達の学費による月176時間労働

子供の学費をせっせと稼ぐのは全然嫌いじゃない
むしろやりがい

職場がキライじゃない
ただ朝お日様が東の空にあるのに、会社を出る時にはお月様に変わって真っ暗になってしまっている違和感

自分自身の24時間のうちの8時間が、スポっと抜け落ちてしまっている感じ

その感じがすごく違和感で無力を感じるのです
もちろんそのお蔭で日々暮れせて、学費も出せるわけですが、営業職でもないので日々の業務の成果が全く見えないのです

[quads id=1]

だからと言ってこれ以上の責任職につくのはゴメンな、わがまま社員

これは充実とは言えないし囚われてるよね
って思います

世帯主と言う責任に(本当は誰も私に重圧かけていないからこれこそ自分自身に囚われてる状態)

今は、だからと言って急に仕事を辞めても、子供の学費まで稼ぐ自信はないの
あと4年半のうちに
子供が卒業した時に
お日様を常に感じる生活が出来るように準備をして行きたいとおもいます

山Pみたいにキラキラの穏やかな笑顔にならなきゃ(年齢問題は無視して)

—他にも読まれています—
【朝活・朝べん】朝、やってみるといい事。それをして変わったことーシングルマザーー
倉本聡さん「作と創」の言葉から子育てに繋がる考え方
今、目の前にいる子供たちと出会えたのは奇跡*僕らは奇跡でできている
僕らは奇跡でできている7話*シンママ虹ーお母さんの子育てに思う
ありがとうは魔法の言葉で感謝の数だけ良いことは待っている

コメント

タイトルとURLをコピーしました